犠牲になるのは、独居の高齢者等要援護者

先週の土曜日

4/7(火)に政府から緊急事態宣言が発出され、それに関連して4/10(金)に休業要請が知事から出されたことに伴い、また、スーパー、コンビニ等からトイレットペーパーが消えました・・・。

小規模多機能の利用者宅に訪問に行きましたら、残り1ロールで、その1ロールもあとわずか。

ご利用者には最悪ティッシュで・・・と伝えてはいましたが・・・。

急いで10箇所ほど探し回り、やっとコンビニに1パック見つけました。

見つけた時は、最初キッチンペーパーと見間違えたかもしれないと思ったのと同時に、本当にこれ買っていいんだよね等遠慮の気持ちと一瞬色んな考えが頭をよぎりましたが、無事購入することができました。

物品はちゃんと供給されているので、落ち着いて買い占めなどは控えてほしい物です。

犠牲になるのは、独居の高齢者等要援護者なのですから・・・。